告井LIVE

♪告井延隆プロフィール♪

告井延隆

1950年12月19日。愛知県生まれ。O型。
歌手、演奏家、作曲家、編曲家(アレンジャー)
1973年~2013年迄ロックバンド「センチメンタル・シテイ・ロマンス」のリーダーとして活動の傍ら、様々なアーティスト(加藤登紀子、竹内まりや、山下達郎、伊勢正三、岡林信康、中島みゆき、鈴木祥子、EPOなど数え上げればきりがない)のレコーディング、ライブサポート、バンドマスターを務める。

担当楽器はギター、ペダルスチールギター、パーカッション、ピアノ等、あらゆる楽器(管楽器以外)をほとんど使いこなす。
2008年よりSGT.TSUGEI’S ONLY CLUB BANDの活動開始。
~どの曲を聞いてもオリジナルの雰囲気をものすごく上手に再現していて、これは面白いと思ってね。オーヴァーダビングしないでたった一人でギターを演奏して「え!!ここまで出来るの?」って思ったんですよ…ピーター・バラカン(ブロードキャスター)、告井さんの演奏は、単なるカバー演奏ではなく、ビートルズを再現しているんです。カラフルなビートルズのサウンドを墨絵で描いているようなものです…糸井重里(ほぼ日刊イトイ新聞主宰)、ビートルズのカバー・ヴァージョンを6,000曲以上コレクションしていますが、たった一人でビートルズをこれ程見事に再現出来るギタリストは世界中にも見当たりません…川瀬泰雄(音楽プロデューサー・ビートルズ研究家)~など著名人で告井のビートルズを称賛する声は多い。2013年2月に行われた糸井重里が主催するウェブサイト、ほぼ日刊イトイ新聞特別企画「ほぼ日×niconico(ニコニコ動画) 告井延隆のひとりビートルズがやってくるヤア!ヤア!ヤア」の生配信では35981人が視聴、11414人のコメントで沸いた。
現在はSGT.のライブ活動と加藤登紀子のサポートを中心に活動を行っている。

加藤登紀子のサポートは1976年以来ずっと続けている。
1988年ニューヨークのカーネギー・ホールでのコンサートにも同行。
1995年6月にはツアーのサポートで函館に向かった際に乗った搭乗機が「全日空857便ハイジャック事件」に遭遇、告井自らトイレから携帯電話で外部に情報を伝え、事件解決に一役買った。
趣味は将棋!4段の腕前でプロの棋士と飛車落ちで対局し勝つ程の腕前。音楽の話より将棋の話をする時の方がとても楽しそうである?(笑)
告井延隆オフィシャルウェブサイト


告井延隆CD販売